ホームページ制作・コーポレートサイト制作なら株式会社ウエンズ 大阪/神戸/京都
ホームページ制作お役立ちコラム
COLUMN
コーポレートサイトリニューアル時のチェックポイント

モバイルサイトを作りましょう

ホームページ制作事例 大阪 ホームページ制作会社

こんにちは。ウエンズ制作チームです。
このブログでは、主にBtoBの中小企業様のホームページ制作やリニューアルに関する課題と答えや色んなテーマをご紹介しています。

スマートフォン利用者の急増により、ホームページリニューアル時のモバイル対応は常識になりつつあります。以前までは、ビジネスにおいてパソコンが主流なBtoB企業様にとって、モバイル対応はあまり必要がないものでした。しかし、近年の劇的なビジネスツールの変化に伴い、BtoB企業様でもモバイル対応を取り入れることが望ましい状況となっています。現に、中には既にモバイル対応を取り入れている企業様も多く、IT時代に取り残されないためにも素早い決断が求められているのです。そこで今回は、BtoB企業様がモバイル対応を取り入れた際のメリットをご紹介します。モバイル対応を取り入れようか検討している企業様は、ぜひ参考にしてみて下さい。

モバイル対応の実装によるメリット
BtoB企業様がモバイル対応を取り入れた際の主なメリットは3つあります。
①検索順位の向上
PCサイトをスマホで開いた場合、文字を読むために拡大・縮小をする必要があり、それを煩わしく感じるユーザーが少なくありません。スマホはどこでも気軽にWebサイトにアクセスできるため、それだけ離脱率も高く、少しでも煩わしさを感じたらサイトを閉じてしまう可能性があります。結果的に、それが検索順位の上昇を阻んでしまうのです。
また、モバイル対応にするだけで検索順位が向上する利点もあります。Googleはモバイルフレンドリーというアルゴリズムを2015年から実装しています。これはスマホでの検索結果において、モバイル対応されたページを優先的に表示させる仕組みです。つまり、モバイル対応がされていない場合、スマホで検索すると自動的に検索順位が下がってしまうのです。本来であれば上位に表示される高品質なサイトが、“モバイル対応をしていないだけ”で、下位表示されてしまうのは勿体ないですよね。

②若年層へのアプローチに最適
最新の情報を取得する手段として、以前まではテレビニュースや新聞が主流でした。しかし、現代の10代から20代の大半がスマホを利用しており、彼らはSNSを通じて最新の情報を取得します。そのため、情報を多くの人の目に触れてもらうために、いかにして情報を拡散してもらえるかが重要になりつつあります。そこで有効なのが、モバイル対応の実装です。モバイル対応が実装されたサイトはスマホユーザーにとって読みやすく、拡散されやすい傾向にあります。近年では、若者中心のスタートアップ企業が増加しており、企業においてもスマホに馴染みがあるデジタルネイティブ世代が主戦となっているかと思います。もしBtoB企業様が契約先の増加を検討している場合、今後は彼らにどれだけ認知してもらえるかが業績を左右することになるでしょう。

③潜在的な損失の回避
ユーザーの離脱率増加による損失は、検索順位として視認できます。しかしながら、損失は視認できるものばかりでなく、潜在的な損失も内在しています。例えば、ユーザーが離脱せずに最後までサイトの内容を読んだ場合、貴社に興味を抱き、契約の話を持ち込まれたかもしれません。また一方で、モバイル対応が実装されていない場合、IT化に乗り遅れている印象を持たれる可能性もあります。もし貴社がブランドの定着を図ろうとしている場合、このようなマイナスな印象を持たれることは避けたいですよね。
現状のBtoB業界では未だパソコンが主流ですが、近年のスマホやタブレットの発展は目覚ましく、数年後にはビジネスツールが激変している可能性も低くはありません。まずは自社におけるモバイル対応の必要性を確立し、必要であればいち早く導入することをお勧めします。

以上、参考になりましたでしょうか?
サイトリニューアル際のSEO対策についての場合でもご相談ください。

大阪、関西地域のBtoBの中小企業様のホームページ制作は株式会社ウエンズまでお気軽にお問い合わせください。

Contact
お問い合わせ
06-6364-1611
平日10時~18時まで 土日祝日休み
会社案内

株式会社ウエンズは企業のホームページ制作・運用を通じて企業価値向上に貢献していく、web制作/デザイン制作会社です。

ホームページ制作対応エリア

大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・和歌山

その他のエリアもまずはご相談ください。

株式会社ウエンズ コーポレートサイト