ホームページ制作・コーポレートサイト制作なら株式会社ウエンズ 大阪/神戸/京都
ホームページ制作お役立ちコラム
COLUMN
コーポレートサイトリニューアル時のチェックポイント

サーバーが変わるとき

ホームページ制作事例 大阪 ホームページ制作会社

こんにちは。ウエンズ制作チームです。

このブログでは、主にBtoBの中小企業様のホームページ制作やリニューアルに関する課題と答えや色んなテーマをご紹介しています。

企業様のホームページはほとんどがレンタルサーバーで運営されていますが、最近は非常に安くて機能が充実したレンタルサーバーも多く登場しています。
特にCMS(お客様でホームページを書き換える機能。ブログや事例をこれで更新していきます)や動画をホームページに搭載することを検討する際に、今契約しているサーバーでは対応できない、という状況になるかもしれません。
リニューアルに合わせてサーバーの乗り換えを検討することは珍しいことではなく、良いきっかけとして前向きに検討される企業様も多くおられます。
ではサーバーを乗り換える時に注意すべきポイントは何でしょうか?

 

サーバーの選び方
費用の安さに目が行ってしまいますが、機能面もしっかりチェックしましょう。

1. ホームページの規模に見合ったサーバーを選ぶ
コーポレートサイトなのか、ECサイトなのか、ページ数や動画、画像、掲載ファイルの数など、ホームページの規模によって必要な容量も機能も異なります。
通常の企業ホームページならそこまで大きなディスク容量は必要ありません。
無駄に大きなサーバーを契約してももったないので将来の展開を考えつつ、適度な大きさのサーバーを選びましょう。

2. 搭載されている機能
CMSを使って更新できるホームページをつくるには、WordpressなどのCMSやMySQLなどのデータベースが必要です。これらが搭載されている、もしくは動作できる環境になっているかどうかをを確認しましょう。その他にもECサイトを作りたいならEC-QUBEなど同じくEC構築ができる環境が必要であることなど、貴社の希望に合う機能が使えるかをチェックしておきます。

3. セキュリティー
最近、大手SNS企業の問題で話題になりましたが、サーバーの設置場所が日本国内かどうかはチェックしておきましょう。パスワードで保護されたサイトを作成するならhtaccesssが必要です。近頃はSSLが無料のサーバーも多くなりましたが、SSLの種類や費用、WAF対応もチェックしておきましょう。

4. メールとドメイン
企業でメールを使用している場合、メールアドレス数が従業員数に合うかどうかも重要なポイントです。その他にもメーリングリストや迷惑メールフィルタ機能、メール転送など必要な機能がそろっているかを確認しておきます。
ドメインは今のドメインを変えない場合は気にしなくてよいですが、新たにドメインを取得する場合などはドメインの取得費用や維持コストも合わせて確認しておくポイントです。また最近はマルチドメインを使えるサーバーでランディングページなど複数のドメインで運営することも可能です。

サーバー引っ越しの際の注意
新しいサーバーを契約したら、まずはドメインが新しいサーバーに向くように設定を行います。ドメインが設定でき、ホームページデータの搭載も完了し、本番公開を迎えてもレンタルサーバーを乗り換える際には古いサーバーをいきなり解約することは避けましょう。
古いサーバーも1-2カ月は継続して契約しておき、万一の際に避難できる対策として残しておきます。新サーバーでも問題なく運営できることが判った段階で古いサーバーは解約します。

 

以上、参考になりましたでしょうか?
ホームページのリニューアルに伴いサーバーを乗り換える場合でもご相談ください。

 

大阪、関西地域のBtoBの中小企業様のホームページ制作は株式会社ウエンズまでお気軽にお問い合わせください。

Contact
お問い合わせ
06-6364-1611
平日10時~18時まで 土日祝日休み
会社案内

株式会社ウエンズは企業のホームページ制作・運用を通じて企業価値向上に貢献していく、web制作/デザイン制作会社です。

ホームページ制作対応エリア

大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・和歌山

その他のエリアもまずはご相談ください。

株式会社ウエンズ コーポレートサイト