ホームページ制作・コーポレートサイト制作なら株式会社ウエンズ 大阪/神戸/京都
ホームページ制作お役立ちコラム
COLUMN
コーポレートサイトリニューアル時のチェックポイント

古いページはサーバーに残さないように

ホームページ制作事例 大阪 ホームページ制作会社

こんにちは。ウエンズ制作チームです。

このブログでは、主にBtoBの中小企業様のホームページ制作やリニューアルに関する課題と答えや色んなテーマをご紹介しています。

ホームページの更新を行う時に古いHTMLファイルはどうしていますか?
最近はCMSの普及で気にしなくてよいケースもありますが、BtoB企業様のコーポレートサイトではまだまだHTMLファイルで各種ページが構築されているケースはかなりあります。
ページ内容を書き替えたい場合、同じファイル名で内容だけを更新(上書き)するのであれば古いファイルはできないため気にする必要はありません。
一方で新製品、新サービスなど新しくページを作成した際に古いページのデータをホームページから消してしまう場合があります。
ナビゲーションから外してしまうことで、古いページはお客様から見えなくなります。
でもその古いファイルがサーバー上に残っていたら検索エンジンから何かのきっかけでその古いページが表示されてしまうケースがあります。

 

更新の際は古いファイルをサーバー上から削除してもらうよう、ホームページ会社さんにお願いしてください。

 

以上、参考になりましたでしょうか?
ホームページの運営に関することもご相談ください。

 

大阪、関西地域のBtoBの中小企業様のホームページ制作は株式会社ウエンズまでお気軽にお問い合わせください。

 

Contact
お問い合わせ
06-6364-1611
平日10時~18時まで 土日祝日休み
会社案内

株式会社ウエンズは企業のホームページ制作・運用を通じて企業価値向上に貢献していく、web制作/デザイン制作会社です。

ホームページ制作対応エリア

大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・和歌山

その他のエリアもまずはご相談ください。

株式会社ウエンズ コーポレートサイト