ホームページ制作・コーポレートサイト制作なら株式会社ウエンズ 大阪/神戸/京都
ホームページ制作お役立ちコラム
COLUMN
BtoB企業のWEBマーケティング

WEB広告って何ですか?

こんにちは。ウエンズ制作チームです。
このブログでは、主にBtoBの中小企業様のホームページ制作やリニューアルに関する課題と答えや色んなテーマをご紹介しています。

従来の広告といえば、テレビや新聞といったいわゆるマス広告と呼ばれるものが主流でした。しかし近年のデジタルデバイスの普及によりWEB広告が台頭し、そのシェアは今後さらに加速していくことが予想されます。それに伴い多くの企業がWEB広告に注目していますが、その実態について未だ理解できていない方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、WEB広告の基礎についてご紹介します。時代の変革に乗り遅れないためにも、企業の広報担当者の方はぜひ参考にしてください。

WEB広告とは?
 WEB広告とは、インターネット上の媒体に掲載される広告のことです。媒体の例として、WEBサイトや検索エンジンの検索結果欄、SNSなどが挙げられます。また動画などに挿入される広告もWEB広告の1つです。
 これらは広告枠を設けており、その枠を利用して企業などが商品・サービスの宣伝を行っています。

WEB広告のメリット
 破竹の勢いで注目を集めるWEB広告。その主な理由として、下記の3つがあります。
① 効果測定による改善
マス広告と比べて、WEB広告は効果測定による改善が簡単です。さらに、広告を出稿した際のデータや成果も、ツールを使えばあっという間に確認できます。そのため、効率的かつ最善な訴求が可能なのです。
② 低コスト
WEB広告は低コストで運営が可能です。例えば、代表的なマス広告としてテレビCMがありますが、15秒の枠で相場は1回当たり30〜100万円かかります。もし仮に、それで売り上げが伸びなかったら大損です。一方でWEB広告の場合、成果に繋がったら料金を支払う課金方式を採用することができます。つまり、最小限のコストで訴求が行えるということです。
③ ターゲットを絞れる
効果測定から、ユーザーの属性を把握することができます。そのため、そのユーザーに適した訴求手段を講じることができ、コンバージョンにも繋がりやすいのです。

WEB広告の種類
 WEB広告と一口に言っても、その種類は多岐にわたります。状況やターゲットに応じて、適切な方法を選択するようにしましょう。

① リスティング広告
別名「検索連動広告」と呼ばれており、検索エンジンで検索されたキーワードに応じてサイトが表示される広告です。場所は主に検索画面の上位に表示され、[広告]という文字が添えられています。購買意欲の高い顧客に直接訴求しやすいというメリットがある反面、オークション方式なのでキーワードによっては競合が多く枠を勝ち取れない可能性があります。
② ディスプレイ広告
WEBサイトやゲームなどのアプリ上に掲載される広告です。一般的にバナーで表示されるため、「バナー広告」とも呼ばれます。上記のリスティング広告と混同されがちですが、ディスプレイ広告は主に潜在ユーザーに広くアプローチする目的で使われることが多いです。その理由としては、画像や動画が目に留まりやすく、クリック単価が安いことが挙げられます。
③ SNS広告
FacebookやInstagram、TwitterなどのSNSプラットフォームに掲載される広告です。現在、国内におけるSNS利用者数は約8,000万人と言われています。つまり、人口のおよそ6割が利用している状況です。そのため、SNS広告は潜在顧客に幅広くリーチできるのが特徴です。また、SNSに登録されているユーザー情報を元に広告も出せるため、ターゲットに絞った訴求にも向いています。
④ 動画広告
文字通り動画を使用した広告を指します。スマートフォンやYouTubeの普及によって馴染み深いものとなり、現在は多くの企業が取り入れているマーケティング手法です。テキストよりも情報量が多く、拡散されやすいといった特徴があります。ただし、動画のクオリティが求められるため初心者には扱いにくく、プロに任せるにしてもコストがかかってしまうのが難点です。
⑤ ネイティブ広告
主にメディア上のサイト記事やニュースなどのコンテンツに挿入される広告のことです。ネイティブと称されている理由は、コンテンツと広告が自然に融合されている点にあります。それによって、広告特有の厚かましさを和らげ、ユーザーにストレスを与えることなく訴求を行うことを可能としています。
⑥ メール広告
メールを利用した広告で、代表的なものにメルマガがあります。導入が比較的容易であり、見込み顧客に直接アプローチできる点が魅力です。ただし、頻度が多いとスパムと思われがちなので注意が必要となります。
⑦ アフィリエイト広告
広告主がアフィリエイターに外注して掲載してもらう広告です。掲載だけでは広告料はかからず、それがコンバージョンに繋がった場合に広告費が発生します。また、コンバージョン単価も指定できるため、費用対効果は高いと言えるでしょう。ただし、多くの広告主はASPに登録してアフィリエイターに外注します。そのため、その利用料が月額でかかる上に掲載の保証もないため、ASPに登録する際は慎重に検討する必要があります。

以上、参考になりましたでしょうか?
自社に適したWEB広告について相談したいという場合でもご相談ください。

大阪、関西地域のBtoBの中小企業様のホームページ制作は株式会社ウエンズまでお気軽にお問い合わせください。

Contact
お問い合わせ
06-6364-1611
平日10時~18時まで 土日祝日休み
会社案内

株式会社ウエンズは企業のホームページ制作・運用を通じて企業価値向上に貢献していく、web制作/デザイン制作会社です。

ホームページ制作対応エリア

大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・和歌山

その他のエリアもまずはご相談ください。

株式会社ウエンズ コーポレートサイト