ホームページ制作・コーポレートサイト制作なら株式会社ウエンズ 大阪/神戸/京都

JavaScript

JAVASCRIPT

動きのあるwebサイトでユーザビリティ向上

単調で硬いwebサイトにならないために

JavaScript(ジャバスクリプト)は主にwebサイトに動きをつけるために用いられます。サイト内のコンテンツに動きをつけるだけで、単調なwebサイトから垢抜けた今風のwebサイトに早変わりします。単に楽しませるだけが目的ではなく、ユーザーのページ滞在時間を伸ばすことで、サイトコンバージョンを高める効果が期待できます。デジタルマーケティングの観点からも動きのあるwebサイトは注目されています。

ユーザー目線でより効果的にリッチ化

動きのあるwebサイトが優れていると説明しましたが、何の狙いもなくただ動きをつけるだけでは意味がありません。センスや感覚だけでなく、根拠のある戦略に基づいた挙動にすることで、効果のあるwebサイトになっていきます。ウエンズでは常にユーザー目線を持ち、効果的なwebサイトのリッチ化に貢献します。

Javascriptで利便性の向上にも貢献

JavaScriptはwebサイトの見た目を良くするだけだはなく、利便性の向上にも貢献します。例えば、通販サイトで料金の試算を行う機能があったら、ユーザーにとっての利便性が高くなります。こうしたユーザーファーストな施作を実現するためにJavaScriptを駆使したwebサイト制作が必要になります。
Contact
お問い合わせ
06-6364-1611
平日10時~18時まで 土日祝日休み
会社案内

株式会社ウエンズは企業のホームページ制作・運用を通じて企業価値向上に貢献していく、web制作/デザイン制作会社です。

ホームページ制作対応エリア

大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・和歌山

その他のエリアもまずはご相談ください。

株式会社ウエンズ コーポレートサイト